ライフハック

めんどくさがり屋の自分を変える小さなアクション

何かを学んでも、意識したとしても
今、やるのはめんどくさい。
だから、後でやろう。
そんな考えの人もいるかと思います。

でも、「その瞬間に実践する。」
すぐにやることで、忘れてやらない。
めんどくさくなって、結局やらない。
ということがなくなります。

今日は、めんどくさがり屋の自分を変化させるためのヒントとして
「その瞬間に実践すること」で、
生まれる感情とつながりについて話してみようと思います。

何かを学んだ。
忘れないようにするために、すぐに実践してみる。

言葉にすると、一見シンプル。
だけど、「すぐに実践してみる。」
という行為の中には、すごく前向きな感情が含まれています。

実践することで、自分の中に染み込ませたい。
実践することで、自分を成長させることができる。
実践することで、誰かとの共通点ができてコミュニケーションがもっと生まれる。
実践することで、新しい世界を知ることができる。

・・・

先日、とある方との食事の時に「最近のSNS活用の仕方」を学びました。

その場で出てきた情報を直接サイトで検索するのではなく、
Twitterやインスタで検索してみる。
すると、ユーザーの生の情報が分かる。

とても面白くて興味深い話でした。

だから、すぐにやってみることにしました。
会話の中で、出てきたキーワードを拾って実際にSNSで検索をしてみる。

ほんのちょっとした興味から行動に移してみると、

新しい世界に触れることで、もっと成長したい。
一つ知ることで、面白くてもっと知りたい!

という気持ちに変わっていきました。

すると、相手もニコニコしてもっと話しが盛り上がる。

会話も雰囲気も盛り上がり、とても楽しく有意義な食事になりました。

学んだことを、その瞬間にやってみることで生まれるエネルギーは、
自分だけでなく相手のエネルギーも高まる。
相手とのコミュニケーションが盛り上がり、より良い関係性の構築に繋がる。
相乗効果バツグンです。

自分ベクトルでやっていたはずが、実は相手へのベクトルにもなっていたのです。

さらに「その瞬間にやる」という行為は、実はその場だけで終わりません。

「その瞬間にやる」ということを意識し、やってみることで
常に動ける自分を作るための一歩になります。

「できる」、「できない」という結果にフォーカスするのではなく、
やったことで、自分の満足感につながり、さらに
「もっと知りたい」、「もっと成長したい」
という「目的」に意識をつなげていくからです。

目的を意識して行動することと、結果ばかりを意識して行動することとは
継続というところで、大きな違いが出ると私は思っています。

「ポジティブな結果」を意識することで、モチベーションがあげる。
なんて方法もありますが、あまりに「ポジティブな結果」ばかりを意識していると
自分自身が満足してきて、結果的に続かなかったり。

はたまた、人は感情を抱える生き物だから常にポジティブなことを考えていられないはず。
そこで、いつものポジティブな結果から「ネガティブな結果」を考えて、
そこから抜け出せずに結局、不安になり動けない。

なんてことも私は、経験しました。

だから、「目的」を意識する。
そうすることで、周りに影響されないブレない自分軸を作っていく。

そんな力強い自分にも繋がるのです。

「めんどさいから後でやる」という動けない自分ではなく、動ける自分を作っていく。
いきなり大きく行動を変えなくても、日常の中の小さな積み重ねを意識することで、
改善するヒントにつながります。

その場でやってみる。

何気ないこの行為の裏には、たくさんのエネルギーが詰まっています。