コラム

石垣島アートホテルのランチバイキングのターゲット層は誰なのか?考えてみた。

マーケティングの勉強というと、本でマーケティング系のブログを読んだり、
ブログを実際に書き始めたり・・・とそれ以外に無いものか考えてみました。

ということで、先日行ったランチバイキングがなぜか妙に気になったので
食レポ!ではなくターゲティングについて書いてみたいと思いますッ!

先日といっても日曜なのですが、場所は石垣島にある「アートホテル」の「アクアリス」さんです。
ちなみにアクアリスさんは、ランチは主に島の方が利用しているように思えます。

で、中に入ってみると・・・休みということもあって割と混んでいるようです。

なんとな〜く、女性客が多いような・・・?
新年会と思しき団体さんもいるようです。

まずはメニューパトロール

さてさて、食事を取りに行こっかな〜とランチバイキングの楽しみは
まずどんなメニューがあるの!?

というパトロール。
で、ぐる〜っと一通り見て回るとこのような流れになっていました↓

(番号は、勝手につけました。順位という訳ではありません。悪しからず。)

大事なデザートメニューですが

本日のデザート

・ストロベリームース
・黒糖パンナコッタ
・いちごロールケーキ
・ココナッツマカロン
・シークゥワーサーゼリー
・ポムデドール
・ティラミス
・プリン

以上のような構成になっておりました。

さてさて一通りメニューを見たところで取りますか〜!ということで
一回でほぼ全部ガーッ!と取りまくりました。
バイキングに行った時に、上手い盛り付け方を身に付けたい。。。
モッサモッサと食べた後、デザートは別腹♪と思い、ゲフゲフしながら食べ終えました。

席の配置って・・・もしや女性側とファミリー層で分かれてる??

そして、休憩がてら周りを見渡すと・・・

私たちが座っている列は、ほぼ?家族連れがいない??
どこに座っていたかというと・・

小さい子連れのファミリーさんは反対側に座っていました。

さらに食事の配置を考える

席の配置を見た時に、女性や子供の嗜好によって席を分けていて
かつ、食事の配置も同じように合わせて変えているのかな〜と。
感じました。

なぜならば、
私たちが座っていた箇所の列では、
デザート、パスタ、パン、ラム肉やガイクーンと行った多国籍メニューで
さらに一括りにすると「カフェメニュー」!!
女子が大好きカフェメニューゾーン側に座っているのですッ!!!

ちなみに、育ち盛りの子供や食欲旺盛なお父さんがいるファミリー層は、主に中華料理や
ラーメンが見えるガッツリゾーンッ!!

続いてドリンクはと言うと

ドリンクバーでは、ソフトドリンクはそこまで種類が豊富と言えず、
強いていうなら「グアバドリンク」があることかな。という感じです。
紅茶・ハーブティーに関しては、ティーパックが3種類ほど。
が、しかし!!!コーヒーメーカーは3台!!
充実しすぎでしょ!コーヒー!笑
よほどみなさん飲むんですねっていうくらい飲むんですね。
ドリンクバーは、何気に大人をターゲットにしているように思えました。

金額面で考える

そして、金額「1,700円」。
既婚者の方々は、恐らく小遣いが決まっていたりするので
そこまで高い金額は出せないかと。
であるならば、このバイキングの金額だと、主婦でもファミリーでも比較的出しやすい金額のように思えます。
しかも、全部で44種類食べ放題!!!
これをリーズナブルと言わずしてなんと言う!?

女性とファミリーの配置を変えて座らせるとどうなるか?

ちなみに、ガッツリゾーン側に女子会したい女性客だったり2、3人で食事したい女性客を座らせた場合。
あまり、リピートをしようと思う人は少なくなるのでは。と思います。

というのも、カフェゾーン側は実は、ガラス張りになっているのです。
なので、外の景色を見るとなんだかのんびりしちゃうんですよね。。。
「のんびりしちゃう♪」
というところにも、実は仕掛けがあるのでは?

今回は残念ながら曇りだった。。。、

ホテルで食事 = 「いつも行くところではない、プチ贅沢な気分が味わえる。」

という気持ちに加え、ガラス張りの庭の景色を見ながら、デザートを食す。
優雅な気持ちが上乗せされる!
結果として、また行きたいな〜♪

というリピーター作用が、何気に女性客には働くのではないかと考えました。

食って、食べるだけで完成するんじゃなくて景色も案外楽しめる要因なのかもな〜と。

金額を皮切りに、席やメニューの配置などなど
ファミリー向けにも、女子会したいお年頃の主婦層向けにも
姿を変える魅惑のアートホテルのバイキング。
あなたも一度行ってみてはいかがでしょうか??
不思議と一人で行っても平気な気がする。。。

本日のまとめ

・アートホテルの席は女性向けカフェゾーンとガッツリ子供喜ぶ中華ゾーンで分かれているっぽい

・料理も席に合わせて配置されている。

・1,700円という金額は女子会好きな主婦やファミリー向けにも比較的出しやすい金額かも。

・食は景色も含めて楽しめる!

・バイキングは奥が深い。

以上、『石垣島アートホテルのランチバイキングのターゲット層は誰なのか??』でした。
まったね〜

POSTED COMMENT

  1. より:

    座る場所もちゃんと考えられて配置されてるんですねー!
    自分の食べたいものの近くに座れたら取りに行くの楽でいいですね!
    久しぶりにバイキングに行きたくなりました!

    • kugai より:

      ありがとうございますー!
      完全に自分の考えなんですが^^;
      でも、割合的にそうじゃないかと〜
      バイキングて、楽しいですよね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »