コラム

千葉ロッテマリーンズ交流戦「対Lamigoモンキーズ」のラミガールズから考える日々のブランディングについて

2月1日から千葉ロッテマリーンズの選手のみなさんが石垣来ております。
そして、9・10日はそんなキャンプなマリーンズが石垣市主催による
「アジアゲートウェイ交流戦Power Series2019 in石垣島」で、台湾のプロ野球チーム「Lamigoモンキーズ」と対戦をします。

というわけで、本日、対戦初日。石垣市中央運動公園野球場に行って参りました。
9日ありがたいことに、暑すぎす寒すぎず程よい心地の気温です。

屋台にハットグ発見!!

会場は、島外からも応援に駆けつけた人たちがたくさんいるということで、駐車場は、、、満車でした。。。
そして、早速会場に行こうかと思ったのですが、、、お腹が空いていることもあり、まずは腹ごしらえに屋台飯的な何かということで探してみると・・・ハットグ!?
新大久保やらSNS界隈やらで賑わせているというあの韓国の食べ物!?

でも、今日は台湾と日本の交流戦・・・

いや、難しいことは考えずにここは、お昼はハットグに決まりッ!
というわけで、列にダダダーッと並ぶことに。。。が、10分近く待ってみても前に進まず・・・どうやら、お客さんとちょっと揉めてるご様子・・・
さらにというわけで、お隣さん。
はい、安定のホットドック〜!
さんぴん茶添えです。


こちら、やいまファームさんのホットドックになります。
パンがめっちゃ甘くて美味しかったです!!!!

千葉ロッテがどんなに強いのか分かったのだが・・・

そして、いよいよスタンドへ。
試合、始まっておりました。
千葉ロッテの攻撃のもようです。

・・・カキーン!!!ヒットォォォ!

点数が入りました。そして、バッターがスタンドに立ちます。
ピッチャー振りかぶってぇ、投げタァ!!
カキーン!!ホームラーン!!!!

この流れが数分続きました。
野球に疎い私でも、ボールを思いっきり打ち返すバッターの姿を生で見るのは、大変爽快感があるということが分かりました。

ただね・・・

ラミゴさんにもそれ、させてよ\(^o^)/

そう、どれだけ千葉ロッテが強いか圧倒的に分かりました。
1回裏で、すでに5点!

試合見つつも、そよ風さんが気持ちよすぎてうとうとしているとようやくラミゴさんの攻撃。

と思いきや、、、なにやらズンチャカ♪ズンチャカ♪ノリノリな音楽が。
隣から聞こえてくる模様です!
ジーっとお隣を見ていると・・・ん?んん?
可愛い子たちが踊っている。
しかも、楽しそうに!!!!

音楽をよっく聞いてみると、、、日本語じゃなくて、どうやら中国語っぽい。
ラミゴモンキーズの応援歌!?プラスチアリーダーたちの踊り付き!
なんだか、わきゃわきゃしていて楽しそう(´∀`*)

・・・・あそこに行きたい。

しばらく離れたところで見ていたのですが、遠くで見てるだけでは我慢できずにチアリーダーたちのおみ足ではなく、姿を拝見しようと移動しました!!!
と、ついでにハットグも買うのだ!!

おばちゃんに「韓国では、砂糖をガンガンかけるんだよ!!」と促されかけたものの・・・一部に固まってしまった。。。
うん、これ、毎日食べたら・・・太る!!!\(^^)/
っていうくらい美味いです。
完全にB級グルメですね。

台湾日本入り乱れての黄色い応援

ハットグをモグモグしながらラミゴ側スタンドに行ってみると・・・野郎ばっか\(^o^)/

しかも、ばっちし日本人の野郎もたくさんおります。
で、驚いたことに、ばっちりチアさんたちの踊りまで分かって一緒に踊っている!!?

すごいです。
ファンの愛は、国境を越えるのですね。。。
勝手に感動しました。はい。

で、チアさんたちですが・・・ヤバイ、マジで可愛い。足細い・・・。
あんな子たちが踊っていたら、そりゃ敵味方カンケーなく一緒に踊るわ。。。
ってぐらい楽しいのです!!!私も野郎どもに負けずに一緒になって写真を撮りまくりました。

あ〜、台湾のラミゴの本拠地で是非とも生で観戦したい。
チアガールズを・・・。
とどんどん試合と関係ないことを考え始めました。

いや、試合も楽しいんですよ!!!

ただ、ただね、それ以上に

ラミゴの応援、めっちゃ楽しいんですよ!!
ちゃんとお兄さんマイクパフォーマンスするし。
ラミガールズ(あ、チアさんたち「ラミガールズ」って言うそうです。)可愛いし。
振り付けも可愛いし。
応援に抜かりない感じがいいな〜と。

そりゃ、旗も振りたくなるわ・・・

ちなみに千葉ロッテは、昔ながらの「オッス!!応援団!!」て感じでした。
縦揺れな感じでしたね。

いや、ディスってはいないんですよ!
ただ、ラミゴの応援見てると、な〜んか、一緒に踊りたくなるんですよ!!

チームを作っているのは選手だけじゃないのよね

で、ふとブランディングについて考えました。
成果やパフォーマンスだけを追求するだけなら、プレーだけに集中するのもアリですが
チームの認知度を上げて、ファン層を増やすにはプレーだけじゃダメなんだな。と
チームのプレイを支えるためには、人プラス「資金」という問題は避けては通れません。
そういうところを企業によるスポンサーが支えている。が、ファンの力も大きいんですよね。
ファングッズや、球場で買える食べ物。会員費だったり。
そして、そんなファンを獲得するために、選手の力だけじゃなくてラミゴのキャラクター猿氣小子くんだったり、
ラミガールズだったり歌や踊りだったりといったものが後押ししてファン層の拡大につなげている。

ピースしてくれたぁぁぁ!キュートだ!キュートすぎるよ!青猿くん!!!!

熱のある発信を毎日積み重ねる

こういった毎日の積み重ねが、チームの規模拡大にも繋がっているんだろうな〜と一人しみじみ感動しておりました。ただ、積み重ねは積み重ねでも、作業になっていては意味がないんですよね。

私がラミガールズじゃなくてラミゴにすっかり魅了された理由は、音楽も踊りやすい振り付けも楽しそうだったから
プラス彼(彼女)たちのパフォーマンスがキラキラしていたんですよね。
応援するぜ!!!という楽しい雰囲気が、側で見ていた私にも伝わるくらいのすごい熱量だったからなんだと思います。

ブランディングの継続って、ただやればいいってもんじゃなくてそこにある熱量も伝える必要がある。
それって、個人(あるいは組織の)のモチベーション的なところにも左右されるところがあるので
毎日のアウトプットがただの作業になっていないか、自分への問いかけも必要になってくる。
なんてことも、考えたり。

ということで今回の「アジアゲートウェイ交流戦Power Series2019 in石垣島」の影の主役は、
キラキラなラミガールズ + イケてるマイクパフォーマンスの兄ちゃんだと勝手に、抜擢しました。

いや〜、それにしてもラミガールズはマジでかわいかった。
ラミゴ関連の台湾の方々の集合写真にしれっと写ったのは、最高に幸せですた (*´∀`)

ラミゴの試合、台湾でちゃんと見たい・・・

以上、「千葉ロッテマリーンズ交流戦「対Lamigoモンキーズ」のラミガールズから考える日々のブランディングについて」でした。

まったね〜

本日のまとめ

ラミガールズの足はめっちゃ綺麗

ラミゴのマスコットキャラクター可愛すぎ。

熱を持ったブランディングを毎日積み重ねられているか?(ただの作業になってない??)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »