ライフハック

友達の結婚が喜べない? プライドが高かった私の話。

友達の結婚が喜べない? プライドが高かった私の話。

女も、30間近になると周囲の目を気にして
「結婚」の2文字を意識しだしたり。
焦って、結婚できない自分を「私って、欠陥品!?」なんて否定したり。

本日は、私がほぼ20代終盤戦の27,8歳の頃のおはなしおはなし〜♪

そうあれは27,8歳の頃。
都内で企業勤めをし、終電当たり前の土日祝日返上で仕事をしており
「アフター5、何それ美味しいの?」
と、今の言葉で言うと「社畜」になっていた頃。

いつものように終電間近の電車で、帰っていると友人からLINEが。

友人
友人
結婚することになりました❤️

ん?結婚?

私
え!?マジで!!良かったじゃん!おめでとう!!
で、相手は??
友人
友人
えと、実は・・・前に話していた付き合うかどうか微妙だと言ってた人。。。
前に紹介してくれた人とじゃなくてごめん!😂

その時、心の中で、

貴様ー!!!!!

と叫ぶ一方で、友達とのLINEをしながら
必死で顔を隠し、泣いていた自分。
(電車の中で、本当に泣いていた!!)

なぜ、泣いていたか。

そう、それは、

「なんで、この子が先なんだ!!!
どうして、私は一人!!!!」

ということと、

「友達の結婚を素直に喜べない自分、サイテーだ!!!!」

この悪魔くがいと天使くがいの狭間で、悶々としておりました。

ふと、この件を思い出しなぜに喜べない自分がいたのか考えてみました。

考察その1・相手と自分を比較し、自分が上だと思っていた(容姿含めて)

→はい、これ相手をジャッジしてますね〜。
しかも、容姿含めてですよ!容姿!
なんて、プライドが高い人間でしょうか。
勝手にジャッジしていたもんだから、
「結婚」という2文字が決定打となり、
プライドが傷つき自分を否定された気持ちになっていたのです。

考察その2・「結婚と独身」で、勝手に勝ち負けを作り出していた。

→考察その1に関連するのですが、私、「結婚 = 勝ち」、「独身 = 負け」なんて判断を作りあげていたんですよね。
当時、「結婚は勝ち組」なんて言葉が巷に出回り、笑いのネタにもなったりしていて、
私も笑ってテレビの情報を見たりしていたのですが、「無意識への刷り込み」もありますよね。
改めて、自分では意識していない無意識に入ってくる情報の重要性に気づきました笑

考察その3・「付き合う = 結婚 = 恐怖」

これは、人によって違うと思います。
私の場合です、これ。
書いていて、改めて思うんですが、痛いし前のめり感半端ないし!!!
と今なら普通にツッコめます。
でも、当時、マジでこういう風に考えていたんですよね。
ここに関しては、幼少期からの周囲の環境も確実に影響してきますわな😂
が、大事なことは「恐怖」と感じている段階で、すでに自分から結婚を遠ざけているのが
確実にわかる!!!!

そんな思考が、私を作り上げていたんですね☺️

そりゃ、喜ぶ自分作ってないわ!笑
そして、どんだけ自己否定しまくってんじゃ!!!
目を覚ませー!!!!
と、当時の自分を思いっきりビンタしてやりたいです。

そして、優先順位を付けられていなかった。
ということもあります。

書いていて、自分がどんだけ遠ざけていたのかわかったのですが、
私自身が「結婚」に対して、プライオリティが高くなかったのです。
当時の私はこのことも自覚していなかった。

さて今の私も、「結婚」に対してプライオリティが高いわけではなく
絶賛独身謳歌中の身なのですが、こういう風に笑ってかけるのも
一つ一つ自分の頭の中の断捨離をしていったから、なんですよね。

書いていて思ったんですが、
こんだけ強い謎の価値観・信念を持ち自分に厳しくしているなら、
ベクトルをポジティブな方向に向けることで、
なんでもやってのけられるんじゃないのか😂
と、思い始めてきております笑

友人の結婚、恋愛で天使と悪魔の狭間で揺れている方は、
頭のとっ散らかりを一つ一つ整理していくだけでスッキリかもですよ😎