島のこと

島のおばあの手作り朝食を楽しもう♪日曜のモーニングは白保日曜市で決まりッ!!

日曜の朝ごはんは、休みだしいつもとはちょっと違うものを食べたい。
そう思う時もあるのでは??
石垣島で島のおばぁの美味しい手作りモーニングを食べられて!!
さらに!!
採れたての新鮮野菜を見れちゃう朝市があるのです!!

場所は、白保という地区にある「しらほサンゴ村」というところ。

「しらほサンゴ村」ってなに??

白保の海はなんと、世界最大級と言われるアオサンゴの大群落があるのです!!!!
この白保の海は、世界的にも貴重な自然が残る場所とされております。
というわけで、WWFジャパンは、この白保にWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」を設立し、
その調査と保全活動を行なっています。

さんご村周辺には、植物が元気よく育っております。
よ〜く見ると木々の中にブランコが紛れておりました!!
乗ってみると・・・・ずざー!っと意外と木の板が滑るので乗った瞬間滑ります笑

意外とバランスを取るのが難しいこのブランコ。
私、アホの子みたいですね。。。

いよいよ登場!おばあお手製カナっぱセット!!

そんなしらほサンゴ村では、毎週日曜の朝10:00から白保地区で採れた野菜や果物を加工し、販売を行なっているのです。その中に、島のおばあの手作り朝ごはんがあるのです!!
というわけで、食べてみよう!と思いきや・・・・けっこう列が出来てる!?

みなさん、やはり朝ごはん目当てだったりするのですね。。。
並ばないと、ありつけねぇ!と思い、私たちもいそいそと。
ひょっこり月桃の葉があるテーブルを見てみると、何やら月桃の葉で包まれた三角の物体が。
おにぎりを一つ一つ月桃の葉で包んでいるようです。
で、種類を聞いてみると、

・もちきび玄米
・黒紫米
・ジューシー
・白米(中は油みそ)
の4種類を選べるそう。

そうそうカナっぱセットという朝食のセットになっているそうです。

ちなみに今日は汁物は、アーサー汁オンリーでした。

さっきから出てくる単語「カナっぱ」。実は、「葉っぱ」を意味する言葉だそうです。
葉っぱセットなのですね。
おむすびを1つ選ぶという事ですが、単品での販売も可能で、おにぎりだけを買うこともできますよッ!
朝ごはんを食べていないため、全部食べたい!が、食べたい気持ちを抑えつつ私は、ジューシーを選びました。

手早くお客様のメニューを作り上げております。
見よ!おばあのこの華麗な俊敏な動きを!!!

おかずは、アーサーの天ぷら。
なんだか、衣がモチモチしていて、、うまし!!!!
漬物のパプリカ・大根・ゴーヤーも歯ごたえがあって、シャキシャキ噛めば噛むほど野菜の甘みを味わえます。

目にも優しい彩りとなっております。

月桃カナっぱの包みを外し、出てきたのは、、、ジューシー!!!
な、なんて綺麗な三角なんだ。

おむすび山のCMに出てきそうなジューシーさんです。
では、早速一口。モグモグモグ・・・・こ、これもモッチリ!!!
優しい味で、モグモグ頬張っていると、おばあの笑顔が見えてきます。
そんな素朴な味わいです。
で、アーサー汁。
これも、めっちゃ美味かった。めっちゃ美味かった。
塩加減がちょうどいい塩梅で。
え、これめっちゃ美味しい!を連呼してました。
久しぶりにアーサー汁食べたな〜。

ぽーぽーとの出会い

外は程よくポカポカで、おばあとお客さんのやり取りや子供達の遊ぶ姿を眺めながらののんび〜りした時間。

ふい〜満腹じゃ〜
すんごく贅沢だな〜、んもう、素敵やん!!
と感動していると、何やら甘い香りが。。。

食べて一息ついたと思いきや、斜め後ろで、何か、またもっちりしたものを食べてるご婦人発見。
あ、ぽーぽーじゃないかッ!!!!

ということで、ぽーぽーを探すと、、、後ろの方で、焼いていました。
友達巻き込んで、ぽーぽー焼きを食べることに。

ちなみに、さっきから出てくる単語「ぽーぽー」は鳩ではありません。

「ぽーぽーは、小麦粉を適量の水で溶き、フライパン等の平たい鍋で焼き、油味噌やソースを薄く塗ってくるくる巻いた沖縄料理。名称は中国の餑餑に由来するとの説もあるが、真偽の程は定かでない。一般的にはカタカナ表記の『ポーポー』が多い。」
引用: wikipedia

そう一言でいうと、「粉もん」です!!!

ぽーぽーの列に並びながらおばあの華麗なる手さばきを眺めつつ、
隣に置いてあったお米を見ていると更に別のおばあから声をかけられました。

「シフォンケーキもあるよ〜。ばんちゃんで作ったシフォンケーキさ。米粉を使ってるから
小麦粉アレルギーの人でも食べれるよ〜。モチモチしてて美味しいさ。」
やばい、更に誘惑が・・・。しかし、これも朝市の魅力。素直に負けましょう。
ということで、シフォンケーキゲット。更に隣に座っていたおばあ手作りのサーターアンダギーもゲットです。

で、しきり直しにぽーぽーの列に。

ぽーぽー焼きのおばあと話して判明したのが、おばあは米農家さんということでした。
し・か・も、ぽーぽー焼きに使っている米粉も自分たちでお米を粉末状にして使っているとのこと。
そして、ぽーぽー焼きの下に敷いている大きな葉っぱ。これは、クワの葉だそうです。
家の近くに生えていて、取り放題!!!!
しかし、本日、取り忘れということで「しらほサンゴ村」のクワの葉を頂戴したとのこと。
ワイルドな感じも白保日曜市の魅力の一つです。

ぽーぽーを作っている合間にお米の説明をしてくれるおばあ。

そうそう、ぽーぽー焼きですが、甘めのぽーぽーと塩味のぽーぽーが選べますよ。
甘めのぽーぽーにはバナナが入っております★
塩味のぽーぽーにはハーブが入っているそうです。
せっかくなので、両方いただきますッ!!!!

食べようと思い、つまようじを持って生地に刺してみると・・・・モッチリ〜♪
これまたモッチリです!!!
甘めのぽーぽーは、甘さ控えめで食べやすいです。
塩味のぽーぽーもハーブの匂いは強くないので、
ハーブが苦手な人でも食べやすいと思います。

食べ物だけじゃなく、雑貨もあるのだよ

愛くるしい笑顔でこちらを見つめるシーサーたち。

モッチリ&炭水化物祭りを楽しんだお次は、ゆっくり雑貨見学です。
白保の織物や月桃のルームフレグランス。
可愛い島のお花や鳥を彩ったポチ袋、ポストカード。手ぬぐい。
そして、サンゴの上に乗っかったシーサーさん。
Kawaiiの世界が満載でした。

雑貨のお隣は、白保で取れたパパイヤやトマト、マンゴージャムコーナー。

そのまたお隣は、白保にあるカフェ「家カフェ」さんのハーブティーコーナーです。
ママさんがハーブティーの試飲させてくれるので、月桃茶、みなが茶、カンパラ茶をいただくことに。
月桃茶は、飲みやすくアイスにしても美味しそうです。
聞きなれないみなが茶。みながは白保の方言で「お庭」という意味です。
すっきりしたい方、デトックスしたい方にオススメだそうな。
グアバや月桃、カンバラといったまさにお庭に生えているであろう野草をブレンドしたお茶になります。
味の方はというと・・・こちら少々、複雑なお味になっております。もしかしたら、好き嫌いが分かれるかもな飲み物デスネ。
続きまして、これまた聞きなれない「カンバラ茶」。
こちら飲んでみると・・・え、ミント!?ん?ミント??っていうくらい、ミントな飲み物です。
朝起きた時に飲むと、すっきりして気持ち良さそうです!
と、お茶を一通り飲んで、購入したのが、「みなが茶」。
だって、デトックスって言葉に惹かれたんだもん♪と、乙女な感じで購入。

そして、一通り朝市を楽しんだ後は近くの白保の海を楽しみつつ朝を満喫いたしました。

石垣に遊びに来ていて、日曜日も楽しめる!という方はぜひぜひ白保の朝市へ。
また、新しい島タイムの魅力が見つかるかもしれませんよ!?

以上「島のおばあの手作り朝食を楽しもう♪日曜のモーニングは白保日曜市で決まりッ!!」でした。
まったね〜

本日のまとめ

・朝市は、白保内で栽培・加工している食品や雑貨が楽しめる!

・おばあのジューシー、アーサー汁とにかく美味しッ!!

・食べ物や雑貨だけでなく、のんび〜りと流れる島タイムも朝市の魅力。

・おむすび、ぽーぽー焼きはとにかくもっちり!

白保日曜市情報
  • 名称:白保日曜市(白保サンゴセンター)
  • 所在地:沖縄県石垣市白保118番地
  • 営業日:毎週日曜(ただし年末年始、旧盆などに重なる場合は休業)
  • 営業時間:10:00-13:00
  • 電話番号:0980-84-4135
  • 公式サイト(facebookページ):https://www.facebook.com/shiraho.nichiyoichi

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です